瓦屋根診断技士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

瓦屋根診断技士(かわらやねしんだんぎし)とは、日本の全日本瓦工事業連盟(全瓦連)が発行する資格で、適正な屋根診断を行える資格として、中立な立場での屋根診断の出来る資格と言われている。

概説[編集]

瓦屋根診断技士は三つの要件を全て満たすことが必要となる。

  1. (一社)全日本瓦工事業連盟の組合員である事
  2. 瓦屋根工事技士 の資格を所持する者
  3. かわらぶき技能士(一級、二級)の資格を所持する者

当制度では要件を満たし、正規に認定された者だけが、瓦屋根診断技士 の称号を使用することが可能となる。当資格は、瓦屋根の診断における専門的な知識の講習(更新講習は5年毎)を実施している。 瓦屋根診断士は現在[いつ?]全国で約2,500名が資格を取得している。

外部リンク[編集]