球面調和関数表

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

以下は球面調和関数の表である。ただし、x, y, zr, θ, φ との関係としては

である。

球面調和関数[編集]

l = 0 から l = 5 までは Varshalovich, Moskalev & Khersonskii (1988) を典拠としている。また、l = 0 から l = 3 までの θ 形式での関数は MathWorld でも確認できる。

l = 0[編集]

l = 1[編集]

l = 2[編集]

l = 3[編集]

l = 4[編集]

l = 5[編集]

l = 6[編集]

l = 7[編集]

l = 8[編集]

l = 9[編集]

l = 10[編集]

線型結合された球面調和関数[編集]

線型結合により導出される実際の電子軌道の球面調和関数。l = 0 から l = 2 までは Chisholm (1976) 及び Blanco, Flórez & Bermejo (1996) を、l = 3Chisholm (1976) のみを典拠としている。

l = 0[編集]

l = 1[編集]

l = 2[編集]

l = 3[編集]

l = 4[編集]

参考文献[編集]

原論文[編集]

  • Blanco, Miguel A.; Flórez, M.; Bermejo, M. (1 November 1996). “Evaluation of the rotation matrices in the basis of real spherical harmonics” (PDF). Journal of Molecular Structure: THEOCHEM (Amsterdam: Elsevier ScienceDirect) 419 (1–3): 19–27. doi:10.1016/S0166-1280(97)00185-1. ISSN 0022-2860. OCLC 224506237. http://ac.els-cdn.com/S0166128097001851/1-s2.0-S0166128097001851-main.pdf?_tid=9b5146ea-a25c-11e6-9353-00000aab0f02&acdnat=1478243110_840f06f35087d21e1c1809eb2de68a1e. 

書籍[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]