玉造要害山城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
logo
玉造要害山城
島根県
玉造要害山城遠景
玉造要害山城遠景
別名 湯ヶ山城、湯ノ城、玉造城
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 湯秀貞
築城年 南北朝時代
主な城主 湯氏
廃城年 不明
遺構 空堀、土塁、井戸
指定文化財 なし
位置 北緯35度24分46.17秒
東経133度0分46.7秒

玉造要害山城(たまつくりようがいさんじょう)は、島根県松江市玉湯町にあった日本の城

概要[編集]

玉造要害山城は、湯秀貞によって築かれた山城で、尼子氏重臣として活躍した湯氏の一族が拠った。

構造[編集]

最高所の本丸を中心に、北西の玉作湯神社方面に山腹を半周する帯郭を含む四段の郭が設けられている。

本丸及び本丸の帯郭には、尾根筋方面に土塁、縦土塁が設けられ、加えて本丸直下の堀切は土塁を伴う厳重な構えとなっている。

麓の郭と本丸帯郭の間に設けられた郭には、食い違い土塁及び連続縦堀群が設けられており、帯郭の縦土塁と共に、尼子氏流築城術にはない特徴が見られる。

遺構[編集]

山上の遺構は保存状態が良く、空堀及び土塁が往時の姿を留めている。また、本丸下の尾根鞍部に井戸跡が残る。

沿革[編集]