玉坎型揚陸艦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
玉康型揚陸艦から転送)
移動: 案内検索
072型大型揚陸艦 (玉坎型)
Type 072-class landing ship 928 WuFengShan.jpg
基本情報
種別 大型揚陸艦 (LST)
運用者  中国人民解放軍海軍
就役期間 1978年 - 現在
前級 山型 (旧米LST-1級)
次級 072-II型 (玉亭I型)
要目
満載排水量 3,110トン
全長 119.50 m
全幅 15.60 m
吃水 2.82 m
主機関 SEMT ピルスティク12PA6 V280
ディーゼルエンジン×2基
推進器 スクリュープロペラ×2軸
出力 9,600馬力
速力 18ノット
航続距離 3,000海里 (14kt巡航時)
乗員 104名
兵装 ・62口径57mm連装砲×4基
・80口径25mm連装機銃×4基
搭載艇 LCVP上陸用舟艇×2隻
レーダー ・756型 航法用×1基
テンプレートを表示

玉坎型揚陸艦(ユカンがたようりくかん、英語: Yukan class landing ships)は、中国人民解放軍海軍の大型揚陸艦(戦車揚陸艦)の艦級に対して付与されたNATOコードネーム。人民解放軍海軍での名称は072型大型揚陸艦中国語: 072型大型登陆舰[1][2][3]

設計[編集]

人民解放軍海軍では、中華民国海軍から鹵獲したLST-1級戦車揚陸艦を山型として運用してきた。本型はその後継艦として建造されたものであり、同級と同様に艦首を海岸に擱座(ビーチング)して兵員・車両を揚陸することを前提に設計されている。基本構成はLST-1級と同様であるが、多少高速化が図られている[1]

艦首部には観音開きの門扉(バウ・ドア)を備え、その中には、長さ17.2メートル×幅4.8メートル、耐荷重50トンの歩板(バウ・ランプ)を有している。また艦尾にも歩板(スターン・ランプ)が設けられており、こちらは耐荷重20トンとされている。ビーチング揚陸任務時の積載量は500トンとされており[1]水陸両用戦車10両および兵員約200名を輸送・揚陸できる[2]。煙突両舷のダビットにアメリカ式のLCVP上陸用舟艇2隻を搭載している[1]ほか、必要に応じて、車両甲板に724型エアクッション揚陸艇を収容しておき、上記の艦尾ランプから発進させることもできる[2]

配備[編集]

1978年から1995年にかけて、計7隻が建造された[1]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c d e Eric Wertheim (2013). The Naval Institute Guide to Combat Fleets of the World, 16th Edition. Naval Institute Press. p. 129. ISBN 978-1591149545. 
  2. ^ a b c 佐々木俊也「着上陸能力 (特集 中国海軍 2015) -- (中国海軍の能力を探る)」、『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 96-99頁、 NAID 40020406578
  3. ^ 「写真特集 今日の中国軍艦」、『世界の艦船』第816号、海人社、2015年5月、 31頁、 NAID 40020406561

外部リンク[編集]