猫魔ヶ岳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
猫魔ヶ岳
Mt. Nekomadake.JPG
南東から
標高 1,403.6 m
所在地 日本の旗 日本
福島県耶麻郡磐梯町北塩原村
位置 北緯37度36分41.9秒
東経140度01分42.1秒
座標: 北緯37度36分41.9秒 東経140度01分42.1秒
山系 猫魔火山
種類 カルデラ外輪山
猫魔ヶ岳の位置(日本内)
猫魔ヶ岳
猫魔ヶ岳 (日本)
猫魔ヶ岳の位置(福島県内)
猫魔ヶ岳
猫魔ヶ岳 (福島県)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

猫魔ヶ岳(ねこまがだけ)は福島県耶麻郡磐梯町北塩原村にある山。標高1,403.6m。

概要[編集]

猫魔ヶ岳は磐梯山の西に位置し、猫魔火山が生み出した直径2kmほどの雄国沼カルデラ外輪山にある一峰である。猫魔火山は安山岩質で、100万から40万年前の活動で形成された[1]。50万年前にカルデラを形成する古猫魔火山の北東方向への山体崩壊があり、その後の新猫魔火山の成長により猫魔ヶ岳峰ができた[2][3]。カルデラ内には広大な湿原を伴う雄国沼があり、初夏にはニッコウキスゲの大群落が咲き誇る。

猫魔火山(左)と磐梯火山(右)の地形図。猫魔ヶ岳峰は画像の中心。
猫魔火山を西から
磐梯山から猫魔火山を望む。猫魔ヶ岳峰は中央右。

山名は昔化け猫が住みついて人を食べていたという伝説によるもの、あるいは、食料をネズミに食い荒らされて困っていた 慧日寺の僧がネズミ退治のため猫王を山に祀ったことによるものなどの説がある。それらの伝承に関連するのか山頂の西側ピークには「猫石」と呼ばれる大きな岩がある。

また、猫魔ヶ岳は、かつては慧日寺から磐梯山あるいは吾妻山へ行く修験道の経路となっており、多くの修験者たちに登られていた。なお、現在、山の南側はアルツ磐梯スキー場、北側は裏磐梯猫魔スキー場となっている。

登山[編集]

山頂には一等三角点「猫摩岳」が設置されており、360度の眺望がある。猫魔ヶ岳の登山コースは3コースあるが、ここでは主に利用されている2コースを紹介する。

八方台コース[編集]

有料道路磐梯山ゴールドラインの中間点・猫魔八方台から登るコースである。登山口となる猫魔八方台は60台が駐車可能であり、トイレや登山案内板も整備されている。このコースは磐梯山から猫魔ヶ岳まで続く尾根上を行くコースで、コース上からは南に会津盆地猪苗代湖奥会津の山々、北には桧原湖をはじめ裏磐梯の湖沼群を眺めながら歩くことができる。登山道の幅は比較的広く、山頂まではアップダウンが連続するが、比高差も小さく、途中ベンチも設置されており、初級者向けのコースといえる。また、登山口から最初の展望台までの間はブナ林が素晴らしい。

  • 猫魔八方台-(60分)-山頂

雄国沼コース[編集]

雄国沼まで至る登山経路はいくつかあるがここでは割愛し、雄国沼北畔にある雄国沼休憩舎を起点とするコースを紹介する。起点となる雄国沼休憩舎付近はレンゲツツジの群落で、6月上~中旬にはレンゲツツジの花で一帯が真っ赤に染まる。休憩舎から道を東方面に進み、雑木林の中、最初は緩い登りでしだいに傾斜が増し、約1時間で猫石に着く。猫石からの展望は素晴らしく、雄国沼・「雄国沼湿原植物群落」(国の天然記念物)とその外輪山である古城ヶ峰、厩岳山(うまやさん)を望むことができる。猫石から山頂までは一度下ってから再び登る行程で、約15分で山頂到着となる。

  • 雄国沼休憩舎-(60分)-猫石-(15分)-山頂
  • なお、上記2コースをつないだ猫魔ヶ岳縦走コースは、猫魔ヶ岳やまびこ探勝路として裏磐梯観光協会選定の19のトレッキングコースの一つに選ばれている。

脚注[編集]

  1. ^ 猫魔火山エリア - 磐梯山ジオパーク協議会、2017年5月閲覧
  2. ^ 猫魔火山エリアパンフレット (PDF) - 磐梯山ジオパーク協議会、2017年5月閲覧
  3. ^ 東北日本,猫魔火山の地質と放射年代(2001年) - 三村弘二、2017年5月閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]