狂乱索餌

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

狂乱索餌(きょうらんさくじ)とは、魚類、おもにサメに見られる摂食行動のことで、集団が狂乱状態になりながら餌を食する状態のこと。

  • 海中に多量の血が流れている
  • 動物が騒音をたてている(特に苦悶時)

などの場合に惹起されると言われている。原因は未詳だが、感覚器によって得られた情報が処理能力を超過して、オーバーフロー[要曖昧さ回避]に至ることによって惹起されるといわれている。ヨゴレヨシキリザメでしばしば見られることが知られている。

サメ以外の動物も、似たような行動例をとることが知られている。例えば、複数種の鳥が、タカなどの共通する天敵を集団で攻撃することがある。また、ナヤフクロウセグロカモメの集団に襲われて殺されることもある[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ V・スプリンガー・J・ゴールド、「サメ・ウォッチング」、平凡社、1992年、p109

参考文献[編集]

  • V・スプリンガー、J・ゴールド『サメ・ウォッチング』平凡社、1992年。ISBN 4-582-54221-2