「陳那」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
'''陳那'''('''じんな'''、ディグナーガ、dignaaga दिग्नाग(sanskrit)の音写、[[480年]]頃-[[540年]]頃)は、[[唯識]]の立場からの新しい仏教論理学(=[[因明]])の最高峰極め確立したとされる。[[有相唯識]]派の思想家。南インドの[[婆羅門]]の出身。最初は、[[部派仏教]]の[[犢子部]]において出家したが、後に[[大乗仏教]]に帰し、[[世親]]のもとで[[唯識]]と論理学を学んだと伝えられる。その伝統はインド論理学最高峰といわれる[[ダルマキールティ]]に受け継がれた
 
== 二量説 ==
 
[[集量論]]、[[因明正理門論]]の2本において、二つの[[量]](=判断規範)によって正しさを確認するとする。
# [[現量]] 認識の正しさを判断する規範
# [[比量]] 論理の正しさを判断する規範
* 因明正理門論
 
* 集量論(PramaaNasamuccaya)(PramaaNasamuccaya) 漢訳された記録はあるが現存せず、サンスクリット本のみ現存する。
1,475

回編集

案内メニュー