コンテンツにスキップ

「八色の姓」の版間の差分

m
リンク追加
m (姓のこと)
m (リンク追加)
また、錦冠(参考[[冠位・官位制度の変遷]])(後の五位以上)の官僚を出すことのできるのは真人、朝臣、宿禰、忌寸の姓を持つ氏に限られていたようである。
 
[[奈良時代]]から[[平安時代]]に至って、[[氏|源]][[氏|平]][[原氏|藤]][[氏|橘]]の四が隆盛になると、その末裔の姓はほとんどが朝臣になってしまい、姓そのものの意味がなくなっていった。