「シコ・ブアルキ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m (robot Modifying: eo)
m
シコは、知的で特権階級の家庭で育った。彼の父親、セルジオ・ブアルキ・ヂ・オランダ (Sergio Buarque de Hollanda)は有名な[[歴史家]]、[[社会学者]]で、彼のおじで辞書編集者であるアウレリオ・ブアルキ・ヂ・オランダの「アウレリオ」という名は、ブラジルで最も著名な[[辞書]]の名である。まだ小さいときから音楽と執筆に興味のある勉強熱心な子供だったが、シコは[[ボサノバ]]、特に[[ジョアン・ジルベルト]]の作品から強烈な影響を受けた。
 
シコは[[1964年]]に音楽家、そして作曲家としてデビューし、音楽祭や[[テレビ]]のバラエティー番組などで急速に名を上げていく。彼自身の名前がついたデビューアルバムは、彼の将来の活躍を予示するかのような作品で、独創的な言葉遣いと、郷愁的な悲しみ(いわゆる、サウダーヂ)を根底とする、キャッチーな[[サンバ (ブラジル)|サンバ]]であった。
 
シコは、ブラジルの軍事政権に反対しての政治的な活動によって、[[1968年]]に逮捕され、最終的には自らの意思で[[1969年]]に[[イタリア]]に亡命する。その後[[1970年]]にブラジルに戻り、彼の知名度と作曲の能力を生かして、独裁政権へのプロテスト・ソングを制作しはじめる。このときの、若干ベールをかぶせたプロテスト・シングル "'''Apesar de Você'''" (Despite of you)は、どういうわけか軍の検閲の目をすり抜け、[[民主主義]]運動のアンセムとなった。10万枚が売れた後、結局弾圧の対象となり、すべて店頭から姿を消した。検閲にもかかわらず、「オルリーのサンバ」(''Samba de Orly'',[[1970年]])や 「''Acorda Amor''」([[1974年]])、「''Vai Passar''」のような曲は、シコが反抗を続けていることを露骨に示すような作品だった。
64,216

回編集

案内メニュー