コンテンツにスキップ

「がらがら (玩具)」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
 
日本では[[室町時代]]、京の御所の女官たちが[[張子|紙張子]]の文箱を手慰みに作り、それに小物を入れて振ると音がしたことからはじまったとされている<ref name="玩具事典"/><ref name=kotobank1/>。のちには雀、犬、兎といったさまざまな鳥獣を象った紙製のがらがらが作られた。当時は馬や兎の皮を使った[[でんでん太鼓]]も御殿玩具として作られ「ばたばた」と呼ばれていた。この「ばたばた」は[[天然痘]]でできたあばたを取り除くという信仰もあった<ref name="玩具事典"/>。[[江戸時代]]には張子のほか、[[曲物]]の胴に柄をつけ中に小石を入れたもの、[[桐]]の木を円く挽いて[[土鈴]]をいれたものなども作られている<ref name=kotobank1/>。
 
[[翁草]]や[[武林隠見録]]には、[[河村瑞賢]]が三両の[[小判]]に刀で穴をあけ、そこに[[紙捻り]]を通して即興のがらがらを作り、遊び道具として子供に与えたという逸話が載っている<ref name=saitou1/>。
 
== 出典 ==
3,941

回編集