「Wikipedia:クリエイティブ・コモンズ 表示-継承 3.0 非移植」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
sty(句読点を修正など
m (sty(句読点を修正など)
 
=== 4. 制限 ===
前第3節により付与された利用許諾には明示的に次の制限を伴います。
 
<ol style="list-style-type: lower-alpha">
<li id="4a">あなたはこのライセンスの条項に基づく限りにおいて、本作品を頒布または公共で発表することができます。
あなたは頒布または公共で発表する本作品の複製物の各々に、このライセンスの写しあるいはそのURIを添付または表示しなければなりません。
あなたはこのライセンスによって付与される利用許諾受領者の権利の行使を変更または制限するような条件を提案したり課すことはできません。
あなたは、本作品を再利用許諾することはできません。
あなたは、本作品の頒布または公共での発表にあたって作品の複製物の各々にこのライセンスおよびその免責条項に関する注意書きの内容を変更することなく、かつ見やすい状態でそのまま掲載しなければなりません。
あなたは、本作品の頒布または公共での発表にあたってこのライセンスによって付与される利用許諾受領者の権利の行使を変更または制限するような技術的保護手段を用いることはできません。
第4節a項の制限は、作品が編集物に組み込まれた場合組み込まれた部分に対して等しく適用されその余の部分についてはこのライセンスの条項に従う必要はありません。
もしあなたが編集物を創作した場合、あなたは許諾者からの通知があれば実行可能な範囲で要求に応じ、編集物から第4節c項で要求される許諾者または原著作者への言及を全て除去しなければなりません。
もしあなたが二次的著作物を創作した場合、あなたは許諾者からの通知があれば実行可能な範囲で要求に応じ、二次的著作物から第4節c項で要求される許諾者または原著作者への言及を全て除去しなければなりません。
</li>
<li id="4b">
あなたは以下のいずれかのライセンスに基づく限りにおいて二次的著作物を頒布または公共で発表することができます。
(i) このライセンス。
(ii)このライセンスの新しいバージョンで同じライセンス要素を持つもの。
(iii) クリエイティブ・コモンズが管轄するライセンスのうち、本ライセンスのライセンス要素を全て含むライセンス(例えば Attribution-ShareAlike 3.0 US)。
(iv) クリエイティブ・コモンズ 互換ライセンス。
あなたが二次的著作物を(iv)のいずれかのライセンスで頒布または公共で発表する場合、そのライセンスの条件に従ってください。あなたが二次的著作物を(i)、(ii)、(iii)いずれかに該当するライセンスで(以下「適用するライセンス」いいます)頒布または公共で発表する場合、適用するライセンスの条件ならびに下記の各条件に従わなければなりません。
(I) あなたは頒布または公共で発表する二次的著作物の複製物の各々に、適用するライセンスの写しあるいはそのURIを添付または表示しなければなりません。
(II) あなたは二次的著作物に適用するライセンスによって付与される利用許諾受領者の権利の行使を変更または制限するような条件を提案したり課すことはできません。
(III) あなたは頒布または公共で発表する二次的著作物の複製物の各々に、本作品に含まれる適用されるライセンスとその免責条項に関する注意書きの内容を変更することなく、かつ見やすい状態でそのまま掲載しなければなりません。
</li>
<li id="4c">
あなたが作品あるいは二次的著作物または編集物を頒布あるいは公共で発表する場合、第4節a項による許諾者からの通知が無い限り作品に付帯するあらゆる著作権表示をそのままにしておかなければならず、かつ以下の各項目を頒布あるいは公共での発表に用いる手段において合理的な形態で表示しなければなりません。
(i) 原著作者名(変名を用いていれば変名)。もしあれば原著作者およびまたは許諾者が指定した、あるいは作品の帰属(例えば後援機関、出版者、掲載誌など)の許諾者に対する著作権表示、利用規約他の合理的な手段で表明された第三者の名前。
(ii) もしあれば作品のタイトル。
(iii) 許諾者が本作品に添付するなど指定したURIがあれば、合理的に実行可能な範囲でそのURIを表示しなければなりません(ただし、そのURIが作品の著作権表示またはライセンス情報を参照するものでないときはこの限りではありません。)
(iv) 第3節b項と同様に二次的著作物が対象になる場合、原作品も表示しなければなりません(例えば「原著作者による作品のフランス語訳です」「原著作者の作品を元にした映画です」など。)
第4節c項の条件を満たすために必要かつ合理的ないかなる方法を用いることもできます。
しかし、作品が二次著作物あるいは編集物の一部として扱われる場合、各作品のクレジットは最小限に抑えるものとします。例えば二次的著作物あるいは編集物の各作品に関与した著作者の全てを表示しようとするならば各著作者名もお互い同じよう表示されなければならないためです。
この点、予め誤解を招かぬよう更に詳述すると、あなたは本節で要求される表示を上記の帰属を示す目的においてのみ行い、別個に事前の書面による許諾が無い限りこのライセンスの元で権利を行使することによって暗黙的あるいは明示的を問わず原著作者あるいは許諾者もしくは帰属する第三者による関係、スポンサーシップあるいは支持を表示あるいは暗示することはできません。
</li>

案内メニュー