「隠岐騒動」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
(→‎騒動のその後: 全体的な修正と顛末などの追記)
'''隠岐騒動'''(おきそうどう)は、[[明治]]元年([[1868年]])に[[江戸幕府]]領で[[松江藩]]が実効支配していた[[隠岐国]]で起こった松江藩と[[隠岐島]]住民の[[騒動]]の一連の事を指す。この騒動は、雲藩騒動ともいわれる。
 
==騒動までの経緯==
[[慶応]]4年([[1868年]])2月、[[神官]]・[[庄屋]]ら島民有志が[[京都]]へ[[徳川慶喜]]への[[直訴]]をしようと京都に向かうが、本州上陸後、[[長州藩]]の取り調べを受け[[王政復古]]がなったことを知り退却した。
また、山陰道鎮撫使総監[[西園寺公望]]から隠岐国の庄屋方へ宛てられた書状を、山郡が庄屋らに渡る前に開封したことが露見する。
これらを受けて3月15日島後の庄屋職会合郡代追放で衆論がまとまると島前の庄屋らにも参加を求めた。
 
そして3月19日早朝島後・島前の住民およそ3000人が隠岐郡代の陣屋を急襲し、山郡は隠岐から追放され、施政機関としての総会所が陣屋に設置され、島民による自治が開始した。
809

回編集

案内メニュー