Wikipedia 8月7日の秀逸な記事

移動先: 案内検索
『次男坊判官』(1955年(昭和30年))出演時の八代目市川雷蔵

八代目 市川雷蔵1931年昭和6年)8月29日 - 1969年(昭和44年)7月17日)は日本の歌舞伎役者映画俳優。出生名は亀崎 章雄。後に本名を竹内 嘉男、さらに太田 吉哉に改名した。

生後6か月のときに三代目市川九團次の養子となり、15歳のとき市川莚蔵を名乗って歌舞伎役者として初舞台を踏む。1951年三代目市川壽海の養子となり八代目市川雷蔵を襲名。1954年映画俳優に転身。1959年の映画『炎上』での演技が評価され、キネマ旬報主演男優賞受賞、ブルーリボン賞主演男優賞などを受賞。1960年代には勝新太郎とともに大映の二枚看板として活躍した。1968年6月に直腸癌を患っていることがわかり、除去手術を受けるが肝臓に転移、翌年7月に死去した。……