焼き増し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

焼き増し(やきまし)とは、オリジナルのフィルム(ネガなど)から、複数の写真印画紙に追加でプリントすること。ただし印刷による大量生産とは異なる。

写真の芸術性と焼き増し[編集]

写真家が色調などを指示して焼き増したプリントは、第三者がネガなどから勝手に焼き増したプリントに比べ、価値が高いとされる。

ビジネスモデル[編集]

写真館などで撮影した証明写真や記念写真は、ネガやオリジナルのデータを写真館が依頼者に引き渡さないことがある。これは、焼き増しによる収益を見込んだビジネスモデルである。このような写真の著作権は、写真館にある。