無用浄全

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
無用浄全
紹興7年 - 開禧3年6月29日
1137年 - 1207年10月17日
生地 越州
没地 慶元府
天童山景徳寺
宗派 臨済宗破庵派
寺院 天童山景徳寺
大慧宗杲
弟子 笑翁妙堪、石鼓希夷、盤山思卓
野雲処南、雪峰了宗、銭象祖
テンプレートを表示

無用浄全(むゆう じょうぜん、紹興7年(1137年) - 開禧3年6月29日1207年10月17日))は、南宋時代に活動した僧匠である。大慧下2世。

紹興7年(1137年)に越州で生誕する。俗姓は翁氏。大悲山の神弁により得度を受け、径山寺の大慧宗杲の法を嗣いだ。師の寂後、水庵師一の許で数年間悟後の修行を経て臨安府霊隠寺仏照徳光に参禅する。その後、浄慈寺に至り混源曇密下で首座となった。淳熙16年(1189年)、請により明州天童山景徳寺住持となり、開禧3年(1207年)6月29日示寂した。法嗣は笑翁妙堪、石鼓希夷ならびに盤山思卓ほか6名を数える。

参考文献[編集]

  • 禅学大辞典編纂所 編 『新版 禅学大辞典』p.564 1985年
先代
大慧宗杲
臨済宗大慧派
1163 - 1207
次代
笑翁妙堪
石鼓希夷
盤山思卓