劉細君

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
烏孫公主から転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
劉細君
烏孫王妃
別称号 江都公主

別称 烏孫公主
配偶者 猟驕靡
  岑陬軍須靡
父親 江都王劉建
テンプレートを表示

劉 細君(りゅう さいくん、生没年不詳)は、前漢の江都王劉建(江都王劉非の子、武帝の甥)の娘。江都公主(こうとこうしゅ)に封じられた。烏孫の王に嫁ぎ、そのため烏孫公主(うそんこうしゅ)とも呼ばれる。

生涯[編集]

細君の父の劉建は、淫乱で残虐、しかも武帝に対して謀反を起こしたという罪で自害させられた。

その後、元封年間に宗室女の細君は烏孫との友好の印として、江都公主に封じられ、はるか遠くの烏孫の地に嫁ぎ、烏孫王猟驕靡の夫人になった。その後、猟驕靡が老いたため、遊牧民族である烏孫の習慣(レビラト婚)に従い、その孫の岑陬軍須靡に嫁ぐよう命令された。この習慣には未亡人を保護する目的があったと思われるが、夫の孫の妻に、しかも夫が存命のうちからその孫の妻になるということは、彼女ら漢の人間の通念からすれば受け入れがたいことであり、このことを細君は武帝に訴えた。武帝は当時、烏孫と同盟して匈奴を攻めていたため、烏孫の習慣に従うようにと彼女に伝えた。その後、細君は岑陬軍須靡の妻になった。細君はそのまま烏孫の地で病死した。彼女の作とされる望郷の漢詩が有名である。

女子[編集]

  • 少夫 - 岑陬軍須靡との娘。