烏丸光広 (能面師)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
烏丸 光広
烏丸光広.jpg
生誕 1949年
国籍 日本の旗 日本

烏丸 光広(からすまる みつひろ、1949年 - )は、能面師。

来歴[編集]

1949年(昭和24年)兵庫県川西市生まれ。1971年(昭和46年)甲南大学法学部を卒業後、能面師の高野唯閑、能楽師の河村晴夫らに師事する。1979年(昭和54年)京都市立芸術大学 彫刻専攻科修了。もとは石の彫刻を手がけていたが、この在学中に能面を彫り始めたと取材に対して述べている[1]

受賞歴[編集]

  • 1999年 - 川西市民賞「りんどう賞」
  • 2005年 - 兵庫県芸術文化協会「ともしびの賞」[2]
  • 2009年 - 金沢能面美術館現代能面美術展 実行委員長賞

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 川西の匠”. 2017年4月17日閲覧。
  2. ^ ともしびの賞受賞者 烏丸光広”. 2017年4月17日閲覧。

外部リンク[編集]