滋賀県立彦根総合運動場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
滋賀県立彦根総合運動場
分類 運動公園
所在地
座標 北緯35度16分51.38秒 東経136度15分19.91秒 / 北緯35.2809389度 東経136.2555306度 / 35.2809389; 136.2555306座標: 北緯35度16分51.38秒 東経136度15分19.91秒 / 北緯35.2809389度 東経136.2555306度 / 35.2809389; 136.2555306
面積 140,000m2
開園 1939年
運営者 公益財団法人滋賀県体育協会
設備・遊具 #施設を参照。
駐車場 680台
アクセス #アクセスを参照。
事務所所在地 滋賀県彦根市松原町3028
公式サイト 公式ウェブサイト

滋賀県立彦根総合運動場(しがけんりつひこねそうごううんどうじょう)は、滋賀県彦根市にある運動公園である。

施設は滋賀県が所有し、公益財団法人滋賀県体育協会が指定管理者として運営管理を行っている。

概要[編集]

陸上競技場野球場テニスコートプールなどを完備した敷地面積140,000m2の複合型スポーツ施設。滋賀県民の「心身の健全な発達」と「スポーツの普及と振興」を図ることを設置の理念としている。

2024年開催の第79回国民体育大会の主会場として選定されており[1]、県により諸施設の整備(改築など)が行われる予定。

歴史[編集]

  • 1939年(昭和14年) - 滋賀県立彦根総合運動場(陸上競技場と野球場)を開設
  • 1974年(昭和49年) - スイミングセンターを新設
  • 1977年(昭和52年) - 飛込みプールを増設・陸上競技場を舗装改修・スポーツ会館を新設
  • 1978年(昭和53年) - 庭球場(テニスコート)を新設
  • 1979年(昭和54年) - 全国高等学校総合体育大会を開催
  • 1981年(昭和56年) - 第36回国民体育大会(びわこ国体)を開催
  • 1993年(平成5年) - 滋賀県立彦根球場を10,000人収容の球場に改築

施設[編集]

滋賀県立彦根陸上競技場
滋賀県立彦根陸上競技場
  • 日本陸上競技連盟第2種公認競技場
  • トラック 400m×8レーン
  • スタンド:6,000人(メインスタンド1,100人、サブスタンド4,900人)
彦根シティマラソンなどの陸上競技大会の会場として利用される。
第79回国民体育大会の主会場とするために日本陸連第1種公認陸上競技場への改築を計画している。県では国体後の利活用を念頭にJ2本拠地基準を満たす収容人員2万人(固定席1万5千人)規模とすることを想定していたが、Jリーグ関係者が現地視察を行った際に、彦根市が(本拠地利用を想定しているJリーグ加盟を目指すクラブである)MIOびわこ滋賀レイジェンド滋賀FCが現在拠点としている湖南地域から離れており、本競技場に本拠地を移転するとクラブ経営に悪影響を及ぼすことが懸念されることからホームスタジアムとしての活用を認められない意向を伝えた[2]ことから方針を転換。規模を縮小し、収容人員1万5千人(固定席7千人)規模とする方針を示した[3]
滋賀県立彦根球場
滋賀県立彦根球場
  • 収容人数:10,000人(内野席:6,000人、外野芝生席:4,000人)
  • 内野:土、外野:天然芝
  • 両翼:99m、中堅:122m
  • 照明塔:6基
  • スコアボード:磁気反転式
皇子山球場大津市)と共に全国高等学校野球選手権滋賀大会の会場である。また、フランチャイズ制が出来る以前、中日ドラゴンズの主管試合が開催されたことがあった(1951年中日スタヂアムの火災による改修工事での振り替えが行われた)。
2017年にベースボール・チャレンジ・リーグに加入した滋賀ユナイテッドベースボールクラブが公式戦1試合を予定していたが、雨天中止となり代替試合を他球場で実施したため開催はなかった[4]
その他の施設
  • スイミングセンター
  • 庭球場(テニスコート)
  • スポーツ会館
  • 多目的広場(グラウンド)
  • 芝生広場
  • 休憩広場
  • シンボルゾーン

交通[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “滋賀国体主会場、彦根に”. 京都新聞. (2014年5月20日). http://www.kyoto-np.co.jp/shiga/article/20140520000167 2014年6月1日閲覧。 
  2. ^ “国体主会場、Jリーグ本拠ダメ 滋賀県誤算、計画練り直しも”. 京都新聞. (2016年4月8日). http://www.kyoto-np.co.jp/politics/article/20160408000018 2016年8月20日閲覧。 
  3. ^ “サッカーJ2活用断念 彦根陸上競技場”. 読売新聞. (2016年8月18日). http://www.yomiuri.co.jp/local/shiga/news/20160818-OYTNT50096.html 2016年8月20日閲覧。 
  4. ^ 振替試合のお知らせ - ベースボール・チャレンジ・リーグ(2017年5月24日)
  5. ^ a b アクセス - 滋賀県立彦根総合運動場(公式サイト)

外部リンク[編集]