湯川剛一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

湯川 剛一郎(ゆかわ ごういちろう)は日本食品に関する研究者

経歴[編集]

1976年に京都大学理学部生物物理学科を卒業、同年、農林水産省食品流通局(現消費・安全局)に入省[1]。2008年に退官。2008年5月に財団法人日本食品分析センター参与に就任、2009年4月に同テクニカルサービス部長兼務、2012年退所[1]。2012年4月より、東京海洋大学で先端科学技術研究センター教授などを経て、2018年3月に退官[1]

2018年4月湯川食品科学技術士事務所所長となった[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d 略歴:所長(湯川剛一郎) - 食品産業戦略研究所(株式会社サイエンスフォーラム)