港の女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
港の女
Sadie Thompson
Sadiethompsonlobbycard.jpg
監督 ラオール・ウォルシュ
脚本 ラオール・ウォルシュ
原作 サマセット・モーム
ジョン・コルトン(戯曲)
クレメンス・ランドルフ(戯曲)
製作 ラオール・ウォルシュ
グロリア・スワンソン(ノンクレジット)
出演者 グロリア・スワンソン
ライオネル・バリモア
撮影 ジョージ・バーンズ
ロバート・カール
オリヴァー・T・マーシュ
編集 C・ガードナー・サリヴァン
製作会社 グロリア・スワンソン・ピクチャーズ
配給 ユナイテッド・アーティスツ
公開 アメリカ合衆国の旗 1928年1月7日
日本の旗 1929年11月
上映時間 97分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 サイレント・英語中間字幕
興行収入 1,000,000ドル(北米配収)
テンプレートを表示

港の女』(みなとのおんな、原題:英語: Sadie Thompson)は、1928年に製作・公開されたアメリカ合衆国の映画である。サマセット・モームの短篇小説に基づくジョン・コルトン、クレメンス・ランドルフ作の戯曲『雨』の初映画化であり、ラオール・ウォルシュが監督(出演も)、グロリア・スワンソンが製作・主演を兼ねた。

1932年ルイス・マイルストン監督、ジョーン・クロフォード主演で再映画化されている(邦題『』)。

キャスト[編集]

  • サディ・トンプソン:グロリア・スワンソン
  • アルフレッド・デヴィッドソン:ライオネル・バリモア
  • ティモシー・オハラ:ラオール・ウォルシュ

スタッフ[編集]

  • 監督/脚色:ラオール・ウォルシュ
  • 製作:ラオール・ウォルシュ、グロリア・スワンソン(ノンクレジット)
  • 撮影:ジョージ・バーンズ、ロバート・カール、オリヴァー・T・マーシュ
  • 編集:C・ガードナー・サリヴァン
  • 美術:ウィリアム・キャメロン・メンジース

アカデミー賞ノミネーション[編集]

外部リンク[編集]