測深儀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

測深儀(そくしんぎ)は、水深を計測するための装置。

概要[編集]

音響測深の模式図。船底から海底に向けて音波を送信して海底で反射して戻ってくるまでの時間から水深を算出する
海底の地形を調査する様子

古くはロープに錘をつけて沈めて水深を測定していた。しかし、この方法では航行中には錘が水流で斜めになるので正確な値を得られなかった。現在では超音波を送信して海底で反射して戻ってくるまでの時間から水深を算出する音響測深儀が使用される。また、魚群探知機と作動原理が同じなので兼用になっている場合も多い。

音響を利用する測深儀は1950年代には既に試みられていた[1]。 近年では水中レーザーを使用する機種もある[2]。また小型軽量化され、自律型無人潜水機にも搭載される。

脚注[編集]

  1. ^ 実吉純一. "超音波による魚群探知と測深." 日本音響学会誌 8.2 (1952): 59-65.
  2. ^ 重松文治,守屋典昭. "水中レーザー・GPS を用いた大水深測深システムの研究開発." 写真測量とリモートセンシング 36.5 (1997): 24-34.

文献[編集]

関連項目[編集]