渡邊すゑ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

渡邊 すゑ(わたなべ すゑ、1841年5月27日天保12年4月7日) - 1953年昭和28年)1月?)は、日本の長寿であった岐阜県の女性。

来歴[編集]

岐阜県(美濃国)生まれで岐阜県下中島村に暮らしていた。20歳の時に蒪六と結婚し、10人の子がいた。1914年に蒪六と死別。

1951年時点では10人の子のうち8人を亡くし、ひ孫までで80人ほどの子孫がいた[1]

1952年9月時点では、111歳で県内最高齢であった[2]

没年月日は不明であるが、厚生省大臣官房統計調査部の人口動態調査資料より1953年1月に111歳で死去したとみられる。また1953年以降の統計より国内最高齢であった可能性がある[3][4]

同年生まれには伊藤博文などがいる。日本では天保生まれ最後の人物であったとみられる。

出典[編集]

  1. ^ 丹荘七郎「長寿日本一のお婆さんを訪ねて」掲載誌不明(Imgurに掲載された誌面写真[1]、2019年10月3日閲覧)
  2. ^ 読売新聞 中京読売版 1952年9月16日 8頁 「老人に記念品」
  3. ^ 人口動態調査 人口動態統計 年次報告書(1979年以前) 人口動態統計 年次 1953年 | ファイル | 統計データを探す” (日本語). 政府統計の総合窓口. 2019年10月3日閲覧。
  4. ^ 356~357ページ 「第22表 性及び年齢別並びに性、月及び生年年齢別死亡者数 昭和28年」 の1841年の項より 昭和29~38年までの生年年齢別死亡者数の一覧に1841年・1841年以前の死亡者なしのため。(昭和38年以降は最高齢者が確定している) かつ1952年9月時点で存命のため。