渕上智信

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

渕上 智信(ふちがみ とものぶ、1962年 - )は、日本の実業家社会起業家。株式会社ガイアシステムの代表取締役会長[1]、特定非営利活動法人ユナイテッド・アースの理事長[2]

経歴[編集]

18歳の頃、「一人ひとりが幸せを実感できる社会を創りたい」という強い使命感を感じる。当初は若者を集めて勉強会やイベントを開催するところからスタートし、やがて起業を決意[3]

1987年(昭和62年)広告代理業やIT関連事業を主に手がける株式会社シャンバラを起業。1990年(平成元年)、株式会社ガイアシステムを設立。2005年(平成17年)同社会長に就任、あわせて社会活動家としての活動を開始[4]

社会貢献活動[編集]

2001年(平成13年)より、自身の所属する経営者が集う会で勉強会を立ち上げ座長を務める。2010年(平成22年)12月まで10年間に渡り毎月開催。約500名の参加者が学ぶ会に成長。

2002年(平成14年)9月、中国涼山里親支援プロジェクトとして、中国四川省涼山地域に住む子どもたちへの自立支援活動を開始[5]

2006年(平成18年)10月、社会活動家としての活動をより本格的に始めるため、NPO法人神戸国際ハーモニーアイズ協会を設立。同NPO法人理事長に就任。同年11月には国連本部「コモ・ヒューマニティ会議」に出席。映像とインターネットを活用し社会貢献活動を推進するハーモニーアイズ構想を発表[6]

2007年(平成19年)2月、市民撮影のドキュメンタリーを配信するサイト「ワッジュ」を開設[7]。同年9月、英語版「ワッジュ」を開設。[8]。同年、国際コミュニケーション協会と国連NGOニューヨークメトロポリタンマーティンルーサーキングジュニア財団が世界平和に対して推進活動を行う個人や組織に授与するワールドハーモニー賞を受賞。

2009年(平成21年)4月チャリティ専門音楽レーベル「ハーモニーアイズレコード」を設立。8月、広島・長崎平和記念日の8月6日から終戦記念日の8月15日までの期間開催される“ピースなアクション”を22万人に呼びかける新しい草の根社会貢献ムーブメント<-絆-Kizuna Peace Week~22万人のピースアクション宣言!~>に連動したチャリティ・アルバム『Catch the Peace!-絆-』が、8月6日にリリースされた[9]。同年11月、上記チャリティーCDの売上げを元に、ケニアで支援活動を展開[10]

2010年(平成22年)1月株式会社スタジオアルタと提携し、市民の共働によって様々な社会問題の解決と市民主体の社会変革を目指す「社会貢献共同体ユナイテッド・アース」を始動。同年7月、カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社と提携し、コーズブランドDVD「人生の役割に出会う!そして、世界が変わる!」をレンタル開始。同年11月からは全国5000人から集めた直筆の平和を願うメッセージを111メートルのレインボーフラッグにつなぎ合わせ、全国で掲げる活動を開始。11月には広島で掲げ、翌2011年1月には神戸、2月には長崎、3月には宮城で掲げた[11]

その後も、海外の貧困地域自立支援活動や環境問題等に取り組む中、2011年(平成23年)3月、東日本大震災発生後、直ちに宮城県南三陸町・登米市に拠点を置き、復興支援活動を開始。自治体や地元市民、NPOなどの活動団体・企業・アーティストや、延べ3万5千人を越えるボランティアと連携し、長期的ビジョンを見据えた支援活動を展開している[12]。現在、「環境デザイン」と「人づくり」を通した、自立型・循環型の新しい社会モデルの構築に奮闘している。

2013年4月より、次世代の社会起業家育成への取り組みとして、ソーシャルアントレプレナー実践学 「世界に希望をふやす授業」を天理大学にて開講中。[13]

また、2013年11月より同志社大学にて関西の学校に通う学生を対象としたソーシャルアントレプレナー実践学 <学生コース>、<社会人コース>を開講[14]

2014年8月 国際教育学会理事に就任[15]

ガイアシステム、ユナイテッド・アースにおいて、全国各地でのメガソーラー設置を進めるとともに、宮城県登米市においては、メガソーラー発電とあわせて、災害時には非常用の電源などにも活用できる「小規模太陽光発電」を約50箇所に導入、市民オーナー発電の仕組みを展開。また、バイオマスなど新しいエネルギー技術にも着目し、それらの優れた技術を持つ企業と自治体、地権者などを結び、共に分散型のエネルギー社会の実現を目指している。[16]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 株式会社ガイアシステム 会社概要 より
  2. ^ 社会貢献共同体ユナイテッド・アースホームページ ユナイテッド・アース理念ビジョン団体概要 より
  3. ^ ネットワーク『地球村』会員情報誌 2010年7月号 P8~P9 [1] より
  4. ^ 「財界九州」財界九州社 2009(平成21年)年12月号 No.1023 P84~85より
  5. ^ NPO法人ユナイテッド・アース公式ホームページ 海外支援 より
  6. ^ Our Common Humanity in the Information PROGRAMME [2]より
  7. ^ 「勇気伝えたい映像版ブログ」 神戸新聞夕刊 2007年2月8日 8面
  8. ^ 週間NY生活 2007年9月22日版
  9. ^ GReeeeN、10-FEET、卍LINEらが参加、CDショップで販売されないチャリティコンピ BARKSニュース [3]より
  10. ^ 読売テレビかんさい情報ネット「ten!」2009年11月17日
  11. ^ 長崎新聞HP(レインボーフラッグ広げようより)[4]より
  12. ^ ユナイテッド・アース公式HP 震災復興支援 [5]より
  13. ^ 天理大学 ソーシャルアントレプレナー実践学「世界に希望をふやす授業」公式HPより[6]より
  14. ^ ソーシャルアントレプレナー実践学ue-education2014 HP [7]より
  15. ^ 国際教育学会HPより[8]より
  16. ^ ユナイテッド・アース公式HP(代表世話人プロフィールより)[9]より

関連項目[編集]

外部リンク[編集]