深尾角馬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

深尾 角馬(ふかお かくま、1631年寛永8年) - 1682年天和2年))は、江戸時代剣客雖井蛙流平法の創始者。重義井蛙

生涯[編集]

岡山藩池田家中河田理右衛門の子、河田喜六として生まれる。1632年(寛永9年)、藩主池田光仲鳥取藩移封に従い、鳥取に移る。

父から丹石流を学び、去水流東軍流卜伝流神道流新陰流タイ捨流岩流戸田流など諸流の剣術を修めた。

深尾家を継いで深尾角馬と名を改め、剣法の流儀を創始。「井の中の蛙と雖も大海を知らざるべけんや」として流儀の名を「雖井蛙流」とした。安心流、化顕流の居合も創始した。

深尾角馬が登場する作品[編集]

  • 『侍はこわい』(2005年、光文社文庫)司馬遼太郎 - 狐斬り

参考文献[編集]