淑媛李氏

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

淑媛李氏は李氏朝鮮の歴代国王とその家族を記録した『朝鮮王朝実録』によると、3名実在する。このページでは第11代王中宗の後宮について記述する。


淑媛李氏(しゅくえん・りし、スグォン・イシ、숙원이씨、生年不詳 - 1520年)は、李氏朝鮮王朝第11代国王中宗の側室。

生涯[編集]

彼女については重臣の娘以外、いつ宮廷に入ったのか一切不明である。李氏は国王の目に留まり「聖恩」(ソンウン、寵愛)を受け、側室となり従四品淑媛の称号を与えられた。中宗との間に2人の翁主(オンジュ)を儲けたが産褥により死去した。

子女[編集]

  • 貞順翁主 李貞環(1517年~1581年)
  • 孝静翁主 李順環(1520年~1544年)

淑媛李氏が登場する作品[編集]

参考文献[編集]

  • 『ドラマより面白い チャングムを旅する54話』 高ヒョン美著、明石書店