消防司令補

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

消防司令補(しょうぼうしれいほ)とは、消防吏員階級のひとつ。

階級章は黒の地に金線が2本、その上に消防章が1つ。

概要[編集]

一般的に、中級幹部として災害現場ではポンプ隊救急隊特別救助隊化学機動中隊機動部隊など部隊(小隊)の隊長を任される。隊長は消防士長以上からなれるが、救急隊を除き消防司令補をもって隊長に任命されることが多い。係職務は係長となる場合が多いが、政令指定都市などでは次席・主任とされる。

経験年数及び実績により部隊の中隊長を任されることがあるが、東京消防庁などでは司令補以上の階級になると機関員(消防車両の運転手)としての業務が行えなくなる。

通常、消防士長を数年間務めた後に昇任試験を受けて任命される。消防士になり順調に昇格していけば、30代後半から40代で就くことが多い。

昇任試験が実質ない市町村において定年まで大きな失敗も無く真面目に勤務し続ければこの階級でおおよその職員は退職を迎える。