洪川韓国兵士脳腫瘍死亡事件

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

洪川韓国兵士脳腫瘍死亡事件(ホンチョンかんこくへいしのうしゅようしぼうじけん)は、2013年6月17日韓国江原道洪川郡にてA兵士(22歳)が激しい頭痛を訴えていたのにも関わらずに軍が適切な治療を行わずに脳腫瘍の発見が遅れて症状が悪化して死亡した事件である。同年代に発生した漣川後任兵暴行致死事件江原道高城郡兵長銃乱射事件と共に、2010年代前半の兵役中の兵士による事件によって兵役や軍隊の在り方が再考されていくことになった。

経緯[編集]

2012/1にA兵士(22歳)は兵役で軍隊に入隊し、その後江原道洪川郡の部隊に配属された[1]

深刻な頭痛を訴えていたが、軍の誤診により軍医は頭痛薬などを処方していた[1][2]。その間に病状は悪化していき、頭痛が悪化していたため、A兵士が病院に行く旨を中隊長に伝えた所、中隊長に悪口を言われたという[1]。A兵士は食事を摂れず、水を飲んでも吐いてしまう状態になっていた[1]。病状の深刻さを把握した軍関係者は、A兵士に診察のための2週間休暇を与えた[1][2]。2013/1/25にA兵士は民間病院で診察を受け、脳腫瘍の診断を受けた[1][2]。A兵士はソウルの大病院で脳腫瘍除去手術を受け、国軍首都病院と一般病院を行き来しながら化学療法を受けたが[1][2]、軍から医療費が支給されず、家族が医療費を払っていた[1]。5月中旬から病状が急激に悪化し、仁川の病院の集中治療室で闘病していたが、肺炎を患い、意識不明の昏睡状態となり、6/17午前5:30頃に死去[1][2]。後に脳腫瘍の発見が遅れたことが判明し[1][2]、同年2月に軍は世間から激しい批判を受けた[2]

A兵士には両親と姉がおり、A兵士の5歳時に父が交通事故で障害を患ったことで家計が傾いた[1]。そのため、母は工場員や電話相談員などの仕事をして家計を支え、A兵士は母を助けるために肉体労働などの仕事を行なっていた[1]

2011年に論山訓練所にて髄膜炎で死亡したB訓練兵の母主導の下、2016/1/16にソウル特別市西大門区峴底洞に「軍被害治癒センター」が設立された[3]。開所式にはA兵士の母と姉、B訓練兵の母、漣川後任兵暴行致死事件の被害者 C一等兵の母、2015/4の軍内性的暴行事件の被害者で当時治療中のD兵士とその父が参加した[3]

関連事件[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i j k l 뇌종양 사병에 두통약 준 軍… 생때같은 막둥이가 죽었다”. 동아닷컴. 20210511閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 현역사병의 뇌종양 사망에 대한 진실 - 데일리메디팜” (朝鮮語). www.dailymedipharm.com. 2021年5月10日閲覧。
  3. ^ a b "국방부 말 듣지 말라고 장례식 쫓아다닐 것"” (朝鮮語). www.pressian.com (2016年1月16日). 2021年5月10日閲覧。