津田貞永

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

津田 貞永(つだ さだなが、慶長元年(1596年) - 天和3年11月17日1684年1月3日))は、江戸時代初期の岡山藩士。通称、左源太。三男に津田永忠がいる。

礼法に長じていたため、岡山藩が朝鮮通信使の接待を命じられた際は取次役として対応に当たった。また、81歳まで組頭などを歴任した。のちに三男永忠が主君池田綱政の命で左源太の名前を継承している。