法果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

法果(ほうか)は、中国北魏であり、道武帝明元帝2代にわたって、道人統の任にあった。

趙郡の人。

40歳で出家し、戒行は厳であって、仏典にもよく通じていた。皇始年間に、道武帝が、その名声を耳にして、詔によって平城に招いた。その後、道人統に任じて、僧徒を管掌させた。

法果の口癖は、「太祖(道武帝)は、叡明で仏教を好まれる天子であり、当今の如来である。沙門は天子に礼を尽くすべきである」であり、あるいは、「道をよく広める人は君主である。私は天子を礼拝している訳ではなく、仏を礼拝しているのである」というものであった。

明元帝の世になっても引き続き尊崇を受け、永興年間に、輔国・宜城子・忠信侯・安成公の号を授けたが、全て固辞した。

泰常年間に、80余歳で亡くなった。皇帝は、その納棺前に三度喪に臨み、老寿将軍・趙胡霊公を追贈した。

法果には、猛という名の子があったので、詔して法果に与えた爵号を嗣がせた。