泉すず

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
      お蔦を演じる山本富士子

泉 すず(いずみ すず、1881年明治14年)9月28日 - 1950年昭和25年)1月20日)は日本の芸者泉鏡花の妻。『婦系図』、お蔦のモデル、旧姓は伊藤。芸者時代の名前は「桃太郎」。

生涯[編集]

愛知県出身。東京の神楽坂で芸者をしている時[1]に泉鏡花と出会う。すずに惚れた鏡花は身請けし二人は同棲するが、鏡花の師である尾崎紅葉は二人の同棲の事実を知り激怒する。一旦、二人は別れるが紅葉の死後、結婚する。

婦系図の名ゼリフ「別れろ切れろは芸者の時にいう言葉。私には死ねとおっしゃってくださいな」は、すずの苦悩の表現として有名である[2]

お蔦を演じた人物[編集]

他、多数の女優が演じている。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 井上章一の『名古屋と金シャチ』によれば「名古屋美人」と称される名古屋出身の女性達が、東京の花柳界の一大勢力になっていたとの事で、すずもその一人だった可能性がある。
  2. ^ セリフのパターン自体は幾つもある。