沼波弄山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

沼波 弄山(ぬなみ ろうざん、享保3年(1718年) - 安永6年(1777年))は、萬古焼の始祖として知られる陶芸家。本名は、五左衛門重長。

桑名・船馬町の商家に生まれる。幼いころより茶道に親しんだ。20歳のころ、現在の三重郡朝日町に釜を開き、陶芸を始めた。彼の作品は次第に有名となり、宝暦年間(1751年 - 1764年)に江戸に窯を開いた。安永6年(1777年)、60歳で死去。

彼は作品に「萬古」あるいは「萬古不易」と印したことより、萬古焼と呼ばれるようになった。

外部リンク[編集]