河女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

河女(かわおなご)は、青森県南津軽郡浪岡町(現:青森市浪岡)に伝わる妖怪

姿は人間の女性のようで、大変美しい容姿をしているという。十川の釜谷橋の土手に現れ、橋を通る男に声をかけ、その声に応じた男は、河女に取り憑かれてしまう。

憑かれた男は急に大食漢となる。その食欲たるや飯櫃を空っぽにするほどで、時には自分の便すら食べてしまうという。そして夜に皆が寝静まると、男は河女に会いに行く。この際、河女の姿は人には見えず、憑かれた男にのみ見える。そしてその男はやがて、精神に異常をきたしてしまうという。

関連項目[編集]

参考文献[編集]