江戸三箇寺

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

江戸三箇寺(えどさんかじ)は、江戸時代関三刹の配下として江戸府内の曹洞宗寺院を司った3箇所の寺院江戸僧録江戸触頭(ふれがしら)とも言う。

関三刹と共に曹洞宗の宗政を司り、江戸府内にある曹洞宗寺院を統括した。関三刹と同様、これらの任務は宗務庁に引き継がれたが、總泉寺以外の2箇寺は付属の学寮が発展して曹洞宗大学(駒澤大学)となった。

関連項目[編集]