永尾昇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
永尾 昇 Football pictogram.svg
名前
カタカナ ナガオ ノボル
ラテン文字 NAGAO Noboru
基本情報
国籍 日本の旗 日本
生年月日 (1954-08-20) 1954年8月20日(66歳)
出身地 埼玉県児玉郡児玉町(現、本庄市
身長 171cm
体重 65kg
選手情報
ポジション MF
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

永尾 昇(ながお のぼる、1954年8月20日)は日本の元サッカー選手。ポジションはミッドフィールダー埼玉県児玉郡児玉町(現、本庄市)出身。

来歴[編集]

埼玉県立児玉高等学校時代に関東大会優勝、国体選抜に選出された経験を持つ。法政大学を経て1977年に日本サッカーリーグ1部の三菱重工業サッカー部に入部。1978年シーズンに7アシスト(2位)を記録し新人王に選出された。翌年にも7アシストで2年連続でアシストランクの次点に入る活躍を魅せた。

また1980年度の天皇杯全日本サッカー選手権大会決勝の田辺製薬戦では、かつての古豪の復活という話題性や田辺製薬が全社を上げて応援団を送り込んだ事もあって、35,000人の観衆の多くが田辺製薬を応援するアウェーの様な雰囲気の中、前半27分に決勝ゴールを決め同タイトルの獲得に貢献した。

また1980年6月11日に大宮サッカー場で行われた埼玉県選抜とミドルセックス・ワンダラーズ(イングランド2部、3部リーグ所属選手の選抜チーム)との親善試合にもMFとして出場し、勝利(3-2)に貢献している。

所属クラブ[編集]

個人成績[編集]

国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
日本 リーグ戦 JSL杯 天皇杯 期間通算
1977 三菱 JSL1部
1978 18
1979
1980
1981 1
通算 日本 JSL1部 73 7
総通算 73 7

個人タイトル[編集]

参考文献[編集]

  • 輝く埼玉サッカー75年の歩み(埼玉県サッカー協会編、1983年)