水戸ホーリーホックマガジン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

水戸ホーリーホックマガジン(みとホーリーホックマガジン)は、2004年4月2日から2013年6月25日まで茨城放送で放送されていた水戸ホーリーホック応援番組である。

概要[編集]

ラジオ版週刊誌という内容で、放送開始時に古瀬アナが、「水戸ホーリーホックマガジン、○月×日号!スタート(○月×日には、その放送日の日付が入る)」というコールで番組がスタートする。水戸ホーリーホックの直近のゲームレポートや、選手インタビューを放送する。

番組の歴史[編集]

元々この番組は前身番組があり、1998年頃に「松井裕子の気ままにアフタヌーン」の火曜日のワンコーナーで水戸ホーリーホック(当時JFL)の情報コーナーがあった。
その後1999年春に「気ままにアフタヌーン」が15時55分までに短縮したのに伴い、「ニュース2000」の月曜日の16時25分からのトゥディのコーナーに移動。その後一旦水戸ホーリーホックの情報番組は廃止されるが、2002年に古瀬俊介アナ自らが担当する「俊介の朝から満塁ホームラン」の火曜日11時15分からのコーナーで水戸ホーリーホック情報として復活。その後「俊介・章子の昼までドンドン」とリニューアルしてからも昼ドン玉手箱の火曜日でこのコーナーが続き、2004年春に現在のスタイルとなった。

番組では毎回水戸ホーリーホック所属選手が登場し、試合の活躍ぶりや素顔、質問に答えるインタビューコーナーを中心にチームのゲームハイライトやお知らせなどを放送している。

放送時間[編集]

  • 放送日時
毎週火曜日 20:00~20:15
  • パーソナリティー:古瀬俊介(IBSアナウンサー)