気象測定装置 JMMQ-M5

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

気象測定装置 JMMQ-M5(きしょうそくていそうち ジェイエムエムキューエムファイブ)は、陸上自衛隊の装備。主に特科部隊に配備される。

80式気象測定装置 JMMQ-M2の後継として開発された。砲撃に際し、各種気象条件を測定する装置である。大気の温度湿度風向などを測定し、そのパラメータを組み込むことにより、射撃の際の命中精度向上を行なうのが目的である。これらの気象情報は、野戦特科情報処理システムなどを通じて砲まで伝達される。システム一式は73式大型トラックなどに搭載され、自走により、部隊と共に迅速に移動することが可能。

構成[編集]

  • 風向風速計
  • ゾンデ追跡処理装置
  • 空中線部1
  • 空中線部2 など

参考文献[編集]

製作[編集]

明星電気

関連項目[編集]