氏平競重

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

氏平 競重(うじひら たかしげ、1921年2月28日 - 2012年4月6日) は、岡山県出身の実業家尼崎信用金庫理事長、元会長。元尼崎商工会議所会頭。

来歴・人物[編集]

法政大学経済学部卒業後、1947年大蔵省入省。中国財務局金融検査官、金融課長補佐などを経て、1962年尼崎信用金庫入庫。

副理事長を経て、1974年理事長に就任。1992年から会長2010年退任。尼崎信用金庫を全国有数の信用金庫に育てた。この間、尼崎商工会議所会頭を1985年から2009年まで務めたほか、1995年全国信用金庫協会副会長、近畿地区信用金庫協会会長となる。

2012年4月6日、肺炎のため死去[1]。91歳没。

脚注[編集]

  1. ^ (おくやみ)氏平競重氏が死去 元尼崎信用金庫理事長 日本経済新聞 2012年4月7日