殷ギ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
本来の表記は「殷顗」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
この項目には、一部のコンピュータや閲覧ソフトで表示できない文字が含まれています詳細

殷顗(いん ぎ、生年不詳 - 397年)は、中国東晋官僚は伯通。本貫陳郡長平県

経歴[編集]

呉興郡太守の殷康(太常殷融の子)の子として生まれた。若くして従弟の殷仲堪とともに名を知られた。太元年間、中書郎から抜擢されて、南蛮校尉となった。397年隆安元年)、殷仲堪が王恭に呼応して王国宝を討つべく起兵を図ると、殷顗に同調を求めた。殷顗はこれに反対し、起兵を取りやめるよう諫めたが、殷仲堪は聞き入れず、楊佺期桓玄らとともに軍を東下させた。殷顗は憂憤のうちに死去した。隆安年間、冠軍将軍の位を追贈された。

伝記資料[編集]

  • 晋書』巻83 列伝第53