死を待つ人々の家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
死を待つ人々の家

死を待つ人々の家(しをまつひとびとのいえ)は、1952年マザー・テレサにより、インドカルカッタに設立された、貧困病気で死にそうになっている人の最期を看取るための施設。ヒンドゥー教カーリー神を祭る寺院であったが、長く放置され荒れ果てていたものをリニューアルして病院にしたもの。この施設は、マザー・テレサの49回目の誕生日を記念して開所したものである。

ここで死を迎える人々は、生命のあるうちに本人の信仰している宗教を尋ねられ、亡くなった後はその人の宗教のやり方で葬儀が行われる。なお、ここに収容された人々の全てがそのまま死を迎えるわけではなく、約半数の人々は無事に回復して施設から出ているという。

関連項目[編集]

座標: 北緯22度31分13.1秒 東経88度20分29.8秒 / 北緯22.520306度 東経88.341611度 / 22.520306; 88.341611