武井バーナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
武井バーナー製造株式会社
TAKEI BURNER MFG. CO.,LTD.
種類 株式会社
本社所在地 日本の旗 日本
124-0022
東京都葛飾区奥戸7-2−8
法人番号 8011801002787 ウィキデータを編集
代表者 代表取締役社長 武井祐二
外部リンク http://www5a.biglobe.ne.jp/~takei/
テンプレートを表示

武井バーナー製造株式会社(たけいバーナーせいぞう)は、燃焼器具をはじめアウトドア・キャンプ用品の製造販売を行う企業である。

現在、ガス式が主流のアウトドア用ストーブの分野において灯油を燃料とするストーブ(焜炉)の生産を続けている。

基本的な機構は国内競合メーカーのマナスルと同様に、プリムス・ストーブ(現イワタニ・プリムス)製に代表されるスウェーデンポータブルストーブに類似しているが、武井バーナー製のストーブには最廉価のBC-101を除いて燃料タンクにプレヒートバーナー(予熱器)が装備されており、他の液体燃料式ストーブと比較して気化器のプレヒート作業が簡便であるという特徴がある。なお、同社の製品はパープル・ストーブの愛称が冠されている。

なお、武井バーナーは元々は同業他社の新富士バーナー榮製機などと同様に、ホワイトガソリンを用いるトーチ・ランプ英語版の製造から創業した会社であり、パープル・ストーブ同様に予熱器を搭載した速熱トーチ・ランプの名称で知られていたが、2010年代中頃をもってトーチ・ランプの製造販売は終了している。

企業概要[編集]

主な製品[編集]

BC-101
約800gの小型の灯油ストーブ。バーナーヘッドはBC-301と共通で、小型ながらも火力は大きい。
BC-201
BC-101BC-301の中間の大きさの灯油ストーブで、予熱器を装備していた。現在では製造されていない。
BC-301
約1.2kgの灯油ストーブ。予熱器を装備し、着火所要時間は約80秒である。
BC-501
約1.9kgの灯油ストーブ。連続で約10時間使用できる。予熱器を装備。

外部リンク[編集]