歌川景秀 (2代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

二代目 歌川景秀(にだいめ うたがわ かげひで、生没年不詳)とは、江戸時代浮世絵師

来歴[編集]

師系不明。二代目景秀と称し、慶応3年(1867年)に3枚続の大判錦絵「二世源氏廓之身仕舞」を描いている([1][2][3])。この絵の校合摺1枚をボストン美術館が所蔵する[4]

参考文献[編集]

  • 吉田暎二 『浮世絵大成』(第12巻) 東方書院、1931年 ※解説15頁
  • 吉田暎二 『浮世絵事典(定本)』(上巻) 画文堂、1974年