歌川国玉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
歌川国玉
NDL-DC 1307671 02-Utagawa Kunisada Kunitama-げんじ今様絵巻-安政5-crd.jpg
ヒト
性別男性 編集
国籍日本 編集
歌川 編集
生年月日不明な値 編集
死亡年月日不明な値 編集
親族枝年昌 編集
職業芸術家浮世絵師 編集
読み仮名うたがわ くにたま 編集
師匠歌川国貞 編集

歌川 国玉(うたがわ くにたま、生没年不詳)とは、江戸時代から明治時代にかけての浮世絵師

来歴[編集]

三代目歌川豊国の門人。本姓は枝または江田、俗称岩次郎。歌川の画姓を称し一宝斎、宝斎と号す。柳島に住み、のち浅草諏訪町に移る。作画期は文久から明治の頃にかけてで、春斎年昌を養子としている。

参考文献[編集]

関連項目[編集]