楊遁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

楊 遁(よう とん、490年 - 531年)は、北魏官僚山才本貫恒農郡華陰県

経歴[編集]

楊津の長男として生まれた。性格は引きこもりがちで、30歳近くになって、初めて鎮西府主簿として出仕した。尚書郎に累進した。529年永安2年)、孝荘帝が河内に避難すると、楊遁は帝の命を受けて山東の慰労にあたった。孝荘帝が洛陽に戻ると、楊遁は尚書左丞に任じられ、平南将軍・銀青光禄大夫の位を受けた。530年(永安3年)、黄門郎を兼ねてを訪れ、参行省事をつとめた。まもなく征東将軍・金紫光禄大夫の位を受けた。531年普泰元年)7月、洛陽で殺害された。享年は42。532年太昌元年)、車騎大将軍・儀同三司幽州刺史の位を追贈された。は恭定といった。

伝記資料[編集]

  • 魏書』巻58 列伝第46
  • 北史』巻41 列伝第29
  • 魏故車騎大将軍儀同三司幽州刺史楊公墓誌銘(楊遁墓誌)