森田唯友紀

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森田 唯友紀{本名:森田忠行。1932年(昭和7年)12月3日 - 2007年(平成19年)7月25日 }は、日本のヤクザ四代目山口組若中、初代森唯組組長兵庫県加古川市出身。

兵庫県立農業高等高校卒業。


三代目山口組信原組に属していたが、信原組が解散すると、自ら森唯組を結成し、四代目山口組直参となった。

略歴[編集]

1989年平成元年)5月18日、山口組本家にて、盃直しが行われていたが、欠席。

同年6月5日、山口組定例会で、森田の山口組脱退が発表された。

同年6月25日、「五代目山口組幹部一同」の名前で、他団体にむけて「森田唯友紀、竹中武矢島長次牛尾洋二は、今後五代目山口組とは何ら関係なし」とする文章を送付した。

同年8月1日、森田は、五代目山口組発足に伴いヤクザから引退した。森唯組の大部分は、山口組傘下の組員になった。