森屋治兵衛

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

森屋 治兵衛(もりや じへえ、生没年不詳)は江戸時代から明治時代にかけての江戸地本問屋幕末期を代表する版元であった。

来歴[編集]

錦森堂、森治と号す。姓は土屋氏、明治13年(1880年)に石川氏を称す。木村屋とも称したか。森屋次兵衛とも。寛政から明治期に馬喰町2丁目南側中程七兵衛店[1]、幕末には馬喰町2丁目同所文七店で営業している[2]嘉永期には文七店にいた。地本草紙問屋元組(古組)の一軒であり、幕末の代表的な錦絵草双紙の版元であったが、抱えの板木職人に良工が少なく、「森治の悪彫り」といわれた。喜多川歌麿歌川豊国歌川国貞歌川貞秀歌川広重2代目歌川広重葛飾北斎らの錦絵などを出版している。なお、明治14年(1881年1月26日に起こった両国の大火といわれた火災により類焼、同月29日から仮店舗において営業を再開している。

作品[編集]

  • 喜多川歌麿 『衝立に寄る男女』 大判 錦絵 寛政後期
  • 喜多川歌麿 『仮宅の後朝』 大判3枚続 錦絵 寛政12年
  • 喜多川歌麿 『音曲恋の操』 大判 錦絵揃物 享和ころ
  • 歌川豊国 『風俗画』
  • 歌川貞秀 『三世坂東三津五郎の鳴神鶴の助』 大判 錦絵 文政10年
  • 歌川国貞 『浮世人精天眼鏡』 大判 錦絵揃物 文政後期ころ
  • 葛飾北斎 『琉球八景』 横大判8枚揃 錦絵 天保3年
  • 葛飾北斎 『千絵の海』 横中判10枚揃 錦絵 天保4年頃
  • 葛飾北斎 『詩哥写真鏡』 長大判10枚揃 錦絵 天保4年~天保5年頃
  • 歌川広重 『新撰江戸名所』 横大判 錦絵揃物 天保後期
  • 歌川広重 『江戸名所五性』
  • 2代目歌川広重 『相州江の島』
  • 2代目歌川広重 『東海道薩陀峠』
  • 歌川貞秀 『横浜異人商館座敷之図』 大判3枚続 錦絵 文久1年

脚注[編集]

  1. ^ 『浮世絵の基礎知識』は忠兵衛店、とする。
  2. ^ 『浮世絵の基礎知識』は文化・文久年間とする。

参考文献[編集]