根上隕石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

根上隕石(ねあがりいんせき)は、1995年2月18日の23時55分頃、石川県能美市(旧根上町)に落下した隕石。

落下の様子は石川県富山県で目撃された。一般民家の敷地に落下し、日本国内では 普通乗用車を直撃した唯一の隕石。乗用車に衝突した際に分裂し、大小合わせて4つの破片と細かい小片、合計420gほどが回収された(衝突前は500gほどだったと推測されている)。

落下の翌日、発見者が気づいたため、わずか2.7日後に測定が行われた(これは日本最速の記録である)。その結果、スカンジウム44m(半減期2.44日)などの宇宙線生成放射性核種が検出されている。隕石はコンドライト質で、最も変成が進んだL6型に分類される。

能美市根上学習センター「子ども宇宙科学室」には隕石のレプリカと直撃された乗用車が展示されている。また、落下現場付近に記念碑が建てられている。

外部リンク[編集]