柳谷中

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
柳谷 中
やなぎたに ただし
生年月日 1938年2月18日
出生地 鳥取県米子市
出身校 大阪商業大学中退
所属政党 自由民主党
親族 父・柳谷保一(鳥取県議会議員)

鳥取県議会議員
在任期間 1983年 -
テンプレートを表示

柳谷 中(やなぎたに ただし、昭和13年(1938年2月18日 - 平成12年(2000年)は日本実業家政治家。元鳥取県議会議員。

父は元鳥取県議会議員の柳谷保一

経歴[編集]

鳥取県米子市出身[1]

昭和33年(1958年大阪商業大学中退[1]。昭和41年(1966年米子自動車学校理事長に就任[1]。同年かいけ幼稚園理事[1]

昭和55年(1980年)鳥取県指定自動車学校協会会長[1]。昭和58年(1983年)鳥取県議会議員に当選[1]

人物像[編集]

保一氏が私に向かって「先生も親に似ないで左側を歩いておられるが、うちのはもっとで困っています。ひとつ説教して下さい」と、はまり役の説教係だといわんばかりに頼まれたことがあった[2]
私は「若い時にヒューマニズム、社会正義の立場から革新に走るのは、美談でこそあれ説教すべきことではありません」と申し上げた[3]。「あれこれ言わなくても収まるところへしょせん収まるものですよ」と言ったそのとおりに、ご令息も今は国民政党所属の地方政治家として立派なもの[3]。たどるべき道をたどりながら、人間は成長していく[3]。今昔の感に耐えない[3]。」という。

家族・親族[編集]

柳谷家[編集]

鳥取県米子市角盤町・米子市錦町・米子市皆生
明治31年(1898年)2月生[4]~没
明治34年(1901年)1月生[4]~没

略系図[編集]

 
 
 
 
柳谷丈四郎
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳谷保一
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
柳谷中
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
由里
 

参考文献[編集]

  • 『鳥取県人名録』(企画・編集 鳥取県人名録刊行委員会 旬刊政経レポート、1987年 629頁)

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j 『鳥取県人名録』 629頁
  2. ^ 安田貞栄 著『ひとすじに』59-60頁
  3. ^ a b c d 安田貞栄 著『ひとすじに』60頁
  4. ^ a b c d e f 第廿一版 人事興信録 昭和36年(1961年)、や四五

外部リンク[編集]