柳亭小燕枝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

柳亭 小燕枝(りゅうてい こえんし)は、落語柳派に属する名跡柳派落語家が主に二つ目に昇進する時やその前後で名乗っている。かつては二つ目クラスの名という認識が強く、小燕枝や小柳枝傳枝柏枝などの名には代数を付けない文献が多いが、ここでは便宜上代数を付する。当代は7代目。

  • 先代 柳亭小燕枝 - 初代燕枝の著「燕之巣立実痴必読」(通称「燕枝日記」)には明治3年 - 5年ころの弟子として小燕枝(俗称、喜作)とあるが詳細不明。
  • 初代 柳亭小燕枝 - 後の3代目柳亭燕路
  • 2代目 柳亭小燕枝 - 後の柳家小ゑん
  • 3代目 柳亭小燕枝 - 後の2代目談洲楼燕枝
  • 4代目 柳亭小燕枝 - 後の橘家文三
  • 5代目 柳亭小燕枝 - 後の6代目林家正蔵
  • 6代目 柳亭小燕枝 - 後の3代目柳亭燕枝
  • 7代目 柳亭小燕枝 - 本項にて詳述。

7代目 柳亭 小燕枝りゅうてい こえんし
本名 中 義夫
生年月日 (1945-01-28) 1945年1月28日(73歳)
出身地 日本の旗 日本・東京
師匠 5代目柳家小さん
名跡 1. 柳家小よし(1965年 - 1970年)
2. 柳家小三太(1970年 - 1980年)
3. 7代目柳亭小燕枝(1980年 - )
出囃子 三社祭
活動期間 1965年 -
所属 落語協会
受賞歴
第1回 NHK新人落語コンクール 最優秀賞(1972年)
第1回 浅草芸能大賞新人賞(1984年)

7代目柳亭 小燕枝(りゅうてい こえんし、1945年昭和20年)[1]1月28日 - )は、東京市の生まれの落語家。本名は中 義夫(なか としお)。落語協会所属。出囃子は「三社祭」。

受賞[編集]

[編集]

  1. ^ 従来、1943年生まれとされていたのが、戸籍を確認したら45年であった。『落語』36号「東京落語家名鑑」