枡形城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
logo
枡形城
神奈川県
城郭構造 山城
天守構造 なし
築城主 稲毛重成
築城年 建久年間
主な城主 稲毛重成、後北条氏
廃城年 不明
遺構 堀切
指定文化財 なし
位置 北緯35度36分40.14秒
東経139度33分39.45秒
地図
枡形城の位置(神奈川県内)
枡形城
枡形城

枡形城ますがたじょう)は神奈川県川崎市多摩区にあった日本の城

概要[編集]

枡形城は多摩丘陵の先端に位置し、四方を断崖で囲まれた天然の要害の地。

秩父党の流れをくむ小山田有重の子稲毛三郎重成により築かれたと伝わる。

永正元年(1504年)9月には、山内上杉氏討伐のため北条早雲(伊勢宗瑞)と今川氏親が入り、立河原の戦いへ向かう。

戦国時代以降は廃城となり、現在は生田緑地の一部である。城跡には枡形山展望台が作られ公園として保存されている(生田緑地#名所・旧跡)。

歴史・沿革[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]