果てもなき荒野原

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

果てもなき荒野原(はてもなきあらのはら、Степь да степь кругом)は、ロシア民謡の曲

概要[編集]

作曲者については、確定していない。イワン・ザハロヴィッチ・スリコフ(Иван Захарович Суриков1841年 - 1880年)の作詞の歌詞がつけられている。歌詞の内容は、死にそうになる馭者の心情を歌ったものである。19世紀の歌でありながらも、ロシア、ソ連を通じて、現在まで歌われ続けている。

日本では、井上頼豊により訳詞がつけられ、あまり知られないものの、ロシア民謡愛好家および『うたごえ運動』に歌われ続けた。加藤登紀子が改めて訳詞をつけ、『草原』という名で、アルバム『ロシアのすたるじい』の曲の最後を飾っている。森繁久彌のこの曲のシングルレコードもリリースされている[1]

YouTubeでは、1979年の加藤登紀子コンサートでの飛び入り参加の森繁久彌のライブ歌唱の動画[2]、うたごえ喫茶での動画[3]、ユーリー・グリャーエフ歌唱の動画[4]、合唱団による動画[5]ら、多くの動画がアップロードされている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

歌詞掲載サイト